提携キャリアコンサルタントの紹介
キャリアコンサルティングをご存知ですか?厚生労働省的にいうと、「労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うこと」らしいです。
2017年の、確か初夏だったと思います。引越も一段落ついて、これからどうしていこうか…というときに、「40代からの自分らしい生き方を考える」という朝生容子さん(キャリアコンサルタント)のブログを読んで、彼女のキャリアコンサルティングを受けました。助言とか指導なんかではなかった。そう、私自身が私を深く内観し、考えを整理し、自分がどうしたいのか自問自答していく。まさにそれに伴走してくれているかのようでした。
キャリアコンサルティングは、自分自身を内省して、自分自身を見つめるいい機会です。キャリアコンサルティングっていったい何するの?という女性に、まずはそのさわりとして体験できる機会を小田原で設けたいと思っています。
このページに掲載されている方は、私がみなさんにご紹介したいキャリアコンサルタント。そして、年に1回ほど、一肌脱いで小田原の女性キャリア支援を手伝ってくれる私の仲間です。(こゆるぎマルシェ代表 平澤)

木村俊夫(きむらとしお)

【経歴&紹介】

働きがいと働きかた両立させ、自分の人生を自分でデザインできる社会に向けて私は活動しています。私はこれまで教育分野の事業を立ち上げ、一人ひとりが自分に向き合い、進みたい道を考え、一歩踏み出すことへのお手伝いをして参りました。
対面だけでなく、メールや、skype、電話その他を用いた駆け込み寺のような活動もして参りました。そんな中で私は、正解ではなく納得解を求める時代になってきているように感じます。絶対的に正しい働きかたはなく、自分の働きがいを満足させる働きかたを、自分で選ぶ時代になっているように思います。もちろん、自分の人生を自分でデザインされている方は数多くいらっしゃいます。しかし、デザインはできていても踏み出せなかったり、自分ではデザインできなかったりと悩む方も大勢いるように思います。
だからこそ、自分の働きがいをしっかりと認識して、働きかたを選んで行ける人を私は応援したいと考えて活動しています。

※略歴
岡山大学経済学部卒業 教育関係で起業
昨年、セルフキャリアデザイン協会設立 現在、理事として活躍中
※経験
キャリアコンサルタント/研修講師/セミナー講師/職場環境改善

【メッセージ】
「ホッとできる居場所でありたい」
私は、自分自身を出せる場を、受け入れてくれる場を自分で見つけて行くための第一歩を、ご一緒に歩みたいと思っています。
これまで私は、いじめや複雑な家庭環境の中で、居場所のなさや一歩踏み出せずにいることを実感しました。
そんな中で、自分の大切な思いを出せる場所が欲しいと思えば思うほど、大切な思いがなんだったのかわからなくなっていき、伝えられなくなっていき、一歩踏み出せなくなっていきました。
そんな中、入試にも失敗した19才の時正直死んでもいいと思って家を出て、自分で大学に入り環境を変えました。
その時、自分から広げた視点は、まぶしくて、本当に一歩踏み出して良かったと実感したことを今も覚えています。
ただ、死んでもいいとまで追い詰められて初めて起こせた行動です。
第一歩を踏み出す時には、本人にしかわからない、すぐに言葉にならない様々な思いが数多くあると思います。
だからこそ、まずは何でも話をしてほしい。
自分の居場所を見つける為の、自分の人生を自分でデザインしていく為の第一歩を私は隣で一緒に歩みたい。
仕事も家庭も生活も、大切な人生の一部です。
どのような話でも、気軽にお話下さい。
ともにお話する時間を「ホッとできる居場所」にしていきましょう。

境野 今日子(さかいの きょうこ)

【経歴&紹介】
中央大学卒業後、NTT東日本へ入社。
秋田支店で、主に総合病院の営業を担当。
その後、日系大手繊維メーカーに転職。技術職の新卒・中途採用を担当。また、その傍らで国家資格キャリアコンサルタントを取得し、地方のミカタの専属キャリアコンサルタントに就任。

明るくパワフルな“キャリアプロデューサー”(コンサルタント) 。キャリアや生き方に悩める全ての人に対して、「生きるを楽しく」する活動を行なっている。
◆Twitter
https://mobile.twitter.com/kyokosakaino
◆news picks
https://newspicks.com/user/3438505/

【メッセージ】
「感謝はしてるけど、尊敬はしてない」
私が母に放った言葉。
今まで何不自由なく育ててくれたことには感謝しているけど、せっかく大学を出たのにパートしかしていない母を誇らしく感じなかった。
じゃあ私は、子どもに尊敬されることをしているのか-
社会や会社の悪いところには気付くのに、黙って見てる。
秋田勤務時代、あれだけ地域格差や教育格差に愕然としたのに、帰京してからは、そんなことも考えなくなった。
こんなお母さんを、未来の私の子どもは尊敬してくれるだろかー
きっと、私が母に言った言葉を、そっくりそのまま子どもに言われてしまう。
もっと私は社会の問題を解決したいし、困っている人を助けたいし、正義感に溢れた人間なんだ!
と、気付いた。
この思いを人に伝えると、応援してくれる人が現れ、私に活動の場を与えてくれた。
この喜びは、会社員では体感できなかった。
もっともっと、枠を超えて、正義感の塊として仕事をしたい。
これが、私のやる気の源。

今一歩が踏み出せない人、
発言することに自信がない人、
かつてはメラメラと燃えてたものがいつの間にか無くなってしまった人、
色んな方がいると思います。
何でもご相談してください。
きっと、「言ってよかった」と思ってもらえると思います。
あなたのこゆるぎを、もっと。

織田 樹子(おりた みきこ)

【経歴&紹介】
神奈川県横浜市出身・在住。北海道出身の夫と保育園に通う娘と暮らしています。そして2018年9月には第2子を出産予定です☆

私の職業人生の大半を中途採用や新卒採用など、多様な業界における企業側の採用業務を中心に経験を重ねてきました。
就転職におけるお悩みはもちろん、女性のキャリア選択、出産・子育てにおけるキャリア相談など、幅広くお話させていただきたく思います!

どんな人でも自分自身が納得できる人生を歩む力を持っていると思います。
私はそういう方が一人でも増え、社会を元気にすることを目指し、個人や組織を支援していきたいと想い、活動をしています。

◇生年月日・血液型◇1987年8月15日 B型
◇学歴◇日本大学高等学校→慶應義塾大学
◇職歴◇ジーユー→リクルートキャリア→リンクアンドモチベーション
◇好きな作家◇伊坂幸太郎さん
◇好きなアーティスト◇BUMP OF CHICKEN、Mr.Children
◇好きな言葉◇意志あるところに道は拓ける

【メッセージ】
「あなたの心にふと浮かぶ人でありたい」

私は夫とともに、一人の娘を育てているのですが、
掃除をしているつもりでも、気が付くと床や窓枠にはほこりや汚れが目につきます。
「この間掃除したばかりなのに…はぁ…」なんて、ブツクサ言いながら
掃除をしたり(しなかったり!)する日々です。
私は、生きるということも同じではないかなぁと思っています。
生きるって、本当に悩みますよね。
私も毎日いろいろなことを心や頭に浮かばせ、
漫然と不安や心配、悩みなどを抱えながら日々生活しています。
でも、それが「生きる」ことなんだと私は思います。
一生懸命、考えている証なのだと思います。
誰もがスマートに綺麗にそつなく生きていければ良いです。
でも、そうでなくたって別にいいのです。
綺麗にキラキラと生きる必要なんてない。
埃まみれの中にこそ、カッコよさがあると思うのです。
そんなあなたの人生の中で、ふと悩みが浮かんできたとき、
相談できる、気軽に話せる方はいらっしゃいますか?
私は、いませんでした。
自分で解決する「べき」ものだと抱えんでいました。
そう思って生きていた頃は、本当に生きるのが苦しかったです。
私は、キャリアコンサルタントとして、
気軽になんでも吐き出せる、心のよりどころのような、
心を休められるあたたかいベッドの様な存在になりたいと思っています。
でも私は「あなた」にはなれません。
自分の人生は自分で決めていくものです。
私はそのお手伝いをさせていただきたいと思っています。
まずは、心の埃を一緒にほうきでかき集めて
ひとつひとつ丁寧に分別をしながら
次するべきことを(捨てるのか、整理して置いておくのか、
新しいものを買うのかなど)一緒に考えていきたいと思っています。
私は先生ではありません。
あなたの人生をともに考える「同志」でありたいと思っています。
ぜひ、お気軽に。ぜひ、ご相談ください。